全て人災だ!福島第一原発大惨事!


以下に掲載する文章は去る4月3日に行われた「4/3東電・保安院へ抗議行動」で「たんぽぽ舎」のアピールとして配布されたものです。
ブログ主は必ずしも工学的見地からの事故要因などについては意見を一にするわけではありませんが、この呼びかけに応じて「4/3東電・保安院へ抗議行動」へ参加してきました。

全て人災だ!福島第一原発大惨事!
食品も水も土地も放射能汚染された。原発をやめよう

1 すべて人災-東京電力福島第一原発の事故の本質

 今回の地震・津波と原発大惨事で東電や政府は「想定外」を強調して自らの責任を小さくしよう、軽くしようと色々と策謀している。しかし地震は天災だが、原発事故=大惨事は人災である。地震大国で危険な原発への反対・批判を切り捨てて、強引に原発推進を図ってきた電力業界(東電ほか)と政府との合作の人災である。証拠を2つ示そう。
 1つ目は、福島第一原発6機は危機に陥っているが、同じ津波を受けた福島第二原発(4機)は一応無地(冷温停止中)である。なぜか? 2つ目は、おなじ津波を受けた東北電力女川原発(3機)は一応無事(自動停止)だった。なぜか?
 同じ津波で他の2つと異なり、福島第一原発(6機)のみが大惨事を起こした理由は、全電源喪失のためだ。非常用ディーゼル発電機を13機も備えながら、それが全滅したからだ。全滅の理由は津波らしい。もっと高い処にディーゼル発電機を置けば電源が確保できて今回の大惨事は防げた。過去の東電交渉とで私たちはは何度も大地震・津波の時、東電の対応では危ういと指摘してきた。残念ながらとうでんは心ある市民の声を聞かなかった。それが今回の人災を生んだ。「想定外」主張はウソ。言い訳であり、後付け理由だ。東電の津波対策はたった5m。115年前の1896年(明治29年)の三陸沖地震では、津波は38mだったのに。

2 二重の人災(後手後手の対策、資産保全を優先)

 1つ目は、今回の福島原発事故は二重の人災である。理由は原発反対派の主張=地震大国日本で原発の適地はない。原発震災の恐れが大きい。元神戸大学教授、石橋克彦氏の14年前の指摘をずっと無視してきた結果の人災であること。
 2つ目は、原発事故の初期対応を誤ったこと。米国が初期に原発防災対策援助の申し出をしたのに、政府・東電が断った理由は、事故の歴史の長い経験をした米国の対策が廃炉を前提としたものゆえだからという。つまり東電(と政府)は、何千億円もする東電原発の廃炉を嫌がって資産保全をを優先して米国の申し出を断ったのだ。初期にやっていれば、放射能大汚染時代を招かずに済んだ可能性があったのに、とても残念である。

3 テレビ・新聞は原発推進派の学者・評論家のオンパレード

 テレビ・新聞に出てくる人の解説にはウンザリする。推進派の御用学者ばかり。原発反対派の学者や運動家は呼ばないという暗黙のルール・報道統制がある(たんぽぽ舎に加わっている学者・文化人は10名近くいるが、誰ひとり声が掛からない。)
 原発推進派学者の評論家の発言には3つの特徴がある。1つ目は、自分に都合の悪い事は言わない=隠す。2つ目は、意識的に事故を過小評価する。3つ目は、ウソを言う。
 放射能発表でもデタラメを言う。今回の事故の為に「余分な人工放射能を日本中の人々が浴びせられる」ということが問題の本質であって、「CTスキャンと比べて軽い云々」の言い方はモノゴトの本質を誤魔化す言い方だ。

4 今後の見通し

①うまく6機が無地になることを願う。予測を超える事態が続く。最悪の危機は終息していない。
②食品汚染・水汚染の時代に。長く続く(辛いが)。
③電力会社・政府の責任逃れ工作、ウソ説明、計画停電(夏が危ない)の脅しなど、策謀が続く。

5 たんぽぽ舎の方針・要求(被災者救援を第一の前提とした上で)

①市民の立場からの情報発言 1日回~2回地震と原発事故情報をEメール発信する(現在23号)。
②市民の立場からの学習会・講演会の開催(地震に関しては既に7回開催。すべて満員)。
③地震・余震が心配。今稼働中の27原発を停止し、総点検せよ。
④管政権は、今年の原子力予算4,329億円をやめて災害対策支援にまわせ。
⑤もう原発はやめよう。放射能(死の灰)を出すエネルギー(電気)はいらない。火力発電は50も休止中。
⑥反原発自治体議員連盟(準)を作った。4月選挙では反原発候補を支援。
⑦あなたの知恵と意見をよろしく。共に大きな「原発やめよう運動」を作ろう!

                             (2011.3.26深夜、柳田真/たんぽぽ舎)

4月3日(日)東電と経産省へ抗議に行こう 1/2

4月3日(日)東電と経産省へ抗議に行こう 2/2
広告

投稿日: 2011年4月6日 | カテゴリー: たんぽぽ舎通信, 動画関連, 反原発 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。