たんぽぽ舎通信 – №1048 –


たんぽぽ舎です。【TMM:No1048】
転送歓迎です 

◆ 地震と原発事故情報 その33 ◆

6つの情報をお知らせします。

1.屋内退避圏「現行10ミリを20ミリへ改悪」
―広がる放射能汚染、遅すぎる政府の対応―
2.日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測
3.「今できること:お勧めのサイト」
4.半日でわかる4/17原発の基本講座
5.サクラ観察で汚染を調査する
6.東電前アクション

■1.屋内退避圏「現行10ミリを20ミリへ改悪」
―広がる放射能汚染、遅すぎる政府の対応―

今回の原発震災に関して、国は

11日(20:50)、1号機2Km避難指示
(21:23)、3Km屋内退避
12日(05:44)、10Km避難指示
(18:25)、20Km避難指示
15日(11:00)、20~30Km屋内退避指示を行なってきた。

しかし未曾有の原発災害と、高濃度放射性廃液回収のめどもたっていない中で、屋内退避圏の累積放射線量は10mSvを超えた。
本日(4月7日)朝NHKテレビ、毎日新聞等によれば、現在年間10mSvに設定している20~30Kmの屋内退避圏の年間上限ヒバク線量を、ICRP勧告に基づく、非常時20~100mSv/年に引き上げると言う。この20mSvは、「深刻な障害は出ないが、なるべくヒバクを『抑制するべき』レベル」だという。また、30Km圏外でも、10日間で10mSvという高い数値もでていること、10~20Km屋内避難圏では、生活への支障が大きいので、今後避難勧告を考えていくという。
こうした中で、屋内待避圏については、・途中で、「外に出てもよい」・出来たら「自主避難を」といった、極めて曖昧な指示がつづいている。南相馬市では、新たに避難所も設営されているという。
こうした、後手後手の中途半端な対応は全て、東電・国の、事故勃発直後からの大きな判断ミスが招いた「第2の人災」ではないか。今回の事故では、発生直後から非常用電源全停止というかつてない非常事態を迎えていた。発生以来、1ケ月を迎えようとする今にいたるまで、いまだに人々を屋内待避圏に閉じこめざるを得ず、いたずらにヒバクさせたその責任を、東電・国はどう取るのか。厳しく追及されるべきである。

■2.日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測

ドイツ気象局による福島第一原発から出た放射性物質の拡散分布予測(日本時間4月5日午後9時を想定)。原発からの放出量は不明とした上で、色が濃いほど、濃度が濃い傾向にあるとしている(ドイツ気象局のホームページより) 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していないことが4日、明らかになった。
ドイツやノルウェーなど欧州の一部の国の気象機関は日本の気象庁などの観測データに基づいて独自に予測し、放射性物質が拡散する様子を連日、天気予報サイトで公開している。日本政府が公開しないことについて内外の専門家からは批判が上がっており、政府の原発事故に関する情報開示の在り方が改めて問われている。
気象庁の予測は、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づくもの。国境を越える放射性物質汚染が心配されるときに、各国の気象機関が協力して拡散予測を行う。(2011.4.4 読売新聞の要旨)

■3.「今できること:お勧めのサイト」

最近たんぽぽ舎に顔を出し始めたSです。震災後の原発事故がきっかけで、「子供を産ませろ東京!企画」をたんぽぽ舎に持ち込みました。在住する東京で今後安心して子供を産めるのかとても不安です、私のような女性は少なくないのです。不安を持ち続けなくていい候補者を選びたいという思いから、原子力政策を問い、代替エネルギー開発に予算をあててくれるかを候補者に問いウェブ公開するつもりでした。選挙法などの理由から個人で動いていましたが、やりたかったことをやってくれているサイトがあったので紹介します。ぜひ選挙に行って投票の参考にしてください。
「候補者のエネルギー政策をしりたい有権者の会」
http://energy-policy.net/ 賛同者一覧ごらんください、すごいです。
国際環境保護NGOグリーンピースでは以下の企画をやっています。
「電気をえらぶ選挙でえらぶ」
http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/citizen/election/

■4.半日でわかる 原発の基本講座
4月17日(日)午後へのおさそい

・原子力問題の本質は放射能(死の灰)です。放射能汚染です。
人類は(あらゆる生物・動植物は)、原発=原爆(核)と共存できない。
福島原発事故は、あらためてこのことを多くの人々に示しました。(思い出させた。)
・忙しい人たちのために、半日で「原発と放射能汚染と今後の方向」を考える学習会を設定しました。ご参加下さい。

日 時:4月17日(日)午後13:00~17:30(開場12:30)
会 場:東京学院4階 JR水道橋駅西口下車・2分 TEL 03-3261-0017
・「源八おじさんとタマ」上映 10分 (中村とおる作)
内 容(仮):イ.福島原発事故―どうなっているか(現状)、今後は(見通し) 山崎久隆さん
ロ.放射能の種類と人体への影響  原田裕史さん
ハ.原発なしで電気は大丈夫(交渉中)
ニ.今後の方向  天野恵一さん、柳田真さん、園良太さん
ホ.質疑・討論  参加者全員
定員・先着:120名。参加費1,000円 資料を用意します。
共 催:たんぽぽ舎 TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
反安保実行委員会  TEL・FAX 03-3254-5460

■5.サクラ観察で汚染を調査する・市民参加

―8回目のサクラ調査―

日 時:4月8日(金)13:00~16:00
集 合:文京区内・東大小石川植物園の正門
※4月9日(土)も予定しておりましたが、中止とさせて頂きます。

★13:00~13:20に植物園の正門前に、たんぽぽ舎の黄色の旗を立てます。

主 催:サクラ調査ネットワーク
たんぽぽ舎内 TEL 03-3238-9035

■6.東電前アクション(園良太さんら若者と、たんぽぽ舎共催)
4月8日(金)17:00集合18:00~東電前(回答受取日)
4月9日(土)14:00東電前~
15日(金)18:00~20:00東電前
23日(土)14:00東電前~16:00(13:00~JR新橋駅SL前で宣伝活動)
28日(木)18:00~20:00東電前

───────────────────────────────
▲たんぽぽ舎からのお願い
・現在、たんぽぽ舎への電子メールが毎日200件以上届いていて、処理するのが大変です。パンフや書籍のご注文は、FAXの方が処理が早い場合があります。よろしくお願い致します。
───────────────────────────────
☆電子メール(Eメール)送ります
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」を1日2回、パソコンへのEメールを発信しています。希望者はご自身のEメールアドレスと氏名をたんぽぽ舎あてに送ってください。発信します(無料)。
たんぽぽ舎のアドレス: nonukes@tanpoposya.net
●携帯のアドレスへは、1回の容量が多いためか配信されない例があります。
───────────────────────────────
たんぽぽ舎      たんぽぽ舎は、月曜~土曜-
13:00~20:00のオープンです。
日曜・休日は、お休みです。
〒101-0061
東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
HP http://www.tanpoposya.net/

広告

投稿日: 2011年4月8日 | カテゴリー: たんぽぽ舎通信, 反原発 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。