違和感が残った「福島原発告訴団」主催の8・8東京地検前/東電前連続抗議行動


 IMG_0977 IMG_0982IMG_0974IMG_0985

 福島原発告訴団主催の8・8東京地検前/東電前連続抗議行動に参加。非常に違和感を覚えた抗議行動だった。主催者は主体は「福島」であり、他の原発立地で闘う諸団体を含め、主催者以外の一切のビラ等の配布を禁止、この運動に連帯して来ている諸団体・個人の一切の自由行動は許さないと、警察に替わって「弾圧」する始末。反原連といい、どうして最近の運動シーンで「主催者ファシズム」とも言える風潮は如何ともし難い。連合のメーデー以下。

 内容的にも酷かった。海渡弁護士が、今回の検察審査会の決定には大飯原発の判決が大きく影響しているとしているにも関わらず、他の発言者は大飯原発立地で闘う人々との連帯はおろか、全国の原発立地で闘う人々の連帯についても何も触れず、川内を始めとする原発の再稼働問題についても全く言及無し。あくまでも「被害者」「福島」のみを主体とし、その現状復帰、「救済」を求める運動でしかない。だから他の原発立地で闘う人々を始めとして「主催者」以外の一切のビラ配布を認めめないのも当然である。もしかして彼等は「反原発」ですら無いのかも知れない。

 「福島」の「現状復帰」とは3.11以前の事なのだろうか、それとも原発建設以前の事を意味するのだろうか?もし前者であれば、金目目当てで原発を積極誘致して来た「福島」の「自己批判」は何処に行ったのであろうか?被害は「福島」に止まらない。茨城でも千葉でも東京にもホットスポットと云う形で現出しているのだ。

 ここで大きく視点を変えてみよう。現在の原発に否定的な運動には、大きく二つの潮流がある。一つは広瀬隆氏、樋口健二氏、たんぽぽ舎のように反原発と「反」原発とする潮流、もう一つは「脱原発」あるいは「エネルギーシフト」と云ったエネルギー政策上の課題から原発から再生可能エネルギーへのエネルギー政策の転換を求める潮流で、原発そのものの危険性の認識の差異から即時か段階的にの色合いの違いがある。現在の共産党、社民党を始め3.11以降、運動に参加した人々の基本的な思想をなすと云って良いであろう。どちらかと云えば、消費者サイドの視点に立った考え方と言える。

 これに対して反原発の思想の原点はエネルギー政策でも原発一般の危険性に対する危機意識でもない。原発問題はまず持って、原発労働者の労働問題であり人権問題を出発点としている。例え原発がどんなに安全で有ろうと、如何なる危険性に対処していようと、原発労働者の被曝労働という犠牲無くしては成り立たないという原発労働の非人間性に対するアンチなのである。原発エネルギー消費者における原発の危険性はこの原発労働者の直接的生産過程における危険性の延長にあるものなのだ。反原連にせよ、基本的にエネルギー政策やエコロジーの観点から原発を問題にしている人々は基本的に原発が被曝労働者の犠牲の上に成り立っているこの現実を無視、あるいは付属的な問題と見做している。

 では、今日の主催団体の「福島」主義者の立場は如何なるものであろうか?それは端的に云って3.11による原発事故の「被害者」たる己を絶対化し、その歴史的前提である福島への原発誘致も忘却し、この「絶対化」された己に全国の原発立地における反対運動も首都圏・各都市部における運動も全て、「福島」の現状復帰、救済へと従属すべき対象として扱う、言わば3.11以前の原発誘致の単純な裏返しでしかない。だから彼等には「福島」のフクイチで汚染水と高放射能汚染の粉塵の中で働く原発労働者への思いも無いばかりでなく、全国の原発立地で闘う人々に対する連帯の意識も無いのである。

 今日の主催団体発言者の挨拶を聴いて、頭の構造が3.11以前と殆ど変わりのない「福島」の人々ー福島県民が全てそうだとは全く思わないがーを目の前にして、この加害者にしてこの「被害者」の念を捨てきれなかった。

 それにしても、原発問題を巡る人々、とりわけその指導層を名乗る人々の思想的退廃は目を覆うものがある。

 安部内閣による原発再稼働の策動を前に、原発問題を巡るシングルイシューによる幅広い団結は必要にしても、再度「原発問題」とは何なのか、思想的にも深める事が、安倍政権による多重攻撃を前に是非とも必要ではないだろうか?

広告

投稿日: 2014年8月16日 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。